自由民主党 幹事長 細田博之 殿

マニフェストに関する申し入れ


 政権をかけた戦いとなる総選挙が迫っているが、国民のわが党に対する視線は非常に厳しく、全国各選挙区におけるわが党候補者の苦戦が想定されている。
 わが党が国民の怒りや不信を買うことになった原因として、公務員の職務怠慢を見過ごしてきたことと、各種社会保障制度改革の中で負担増や給付削減でしわ寄せを受けた方々から十分な納得をいただけなかったことが特に大きな原因と考えられる。
 総選挙においてはこれらの原因を踏まえ、自民党ならではの政策を打ち出して民主党との争点にしていくことが肝要であり、以下の二つの政策を優先度の高い政策としてマニフェストに盛り込んでいただくよう強く要請する。

1.国家公務員の職務怠慢に対して「信賞必罰」で臨むための
  法律・制度の整備

【考え方】
  • わが党が国民から不信感を抱かれる原因となった「年金記録」や「汚染米」等の問題は現場レベルの公務員による職務怠慢に起因する問題である。
  • 国民は事態を見過ごしてきた政府・与党に怒るとともに、関与した公務員がきちんと処分を受けていないことに理不尽さを感じている。
  • 年金記録問題の後始末のために20年度当初予算段階で累計500億円の経費が使用され、その負担は国民にしわ寄せされているにもかかわらず、社保庁職員が賞与や退職金を満額受領していることはまったく不条理としかいいようがない。
  • 公務員労組の支持を受けている民主党には厳しい対処を行うことはできない。自民党こそが「信賞必罰」を行うための制度整備を行うべきである。
【具体的政策】
  • 職務怠慢等により具体的損害を招いた国家公務員に対して、現行の国家公務員法の定める分限処分以上に機動的な免職、降任等の処分が実施できる制度の整備。
  • 横領、ヤミ専従等の国家公務員の不法行為について、当該事実を知った者の告発義務を課するとともに、国に刑事告発を義務づける法律の整備。
  • 国家公務員の職務怠慢等により国が具体的に損害を被った場合には、国あるいは納税者が当該公務員に対して損害賠償を請求できるようにする法律の整備。

2.社会保障国民会議の法定

【考え方】
  • 財政難、高齢化の進展の中で社会保障改革を進めるには、国民のいずれかの層に我慢(負担増や給付減)をお願いせざるを得ない。社会保障政策はまさに「誰に我慢してもらうか」を決定する政策である。
  • 民主党は具体的対案(「誰に我慢してもらうか」)を示すことなく、政府・与党の政策により負担増あるいは給付減となった部分を声高に指弾するのみである。
  • 今後社会保障政策に関して、各党が選挙目当てのばらまき政策を展開した場合、子孫に大きなツケを残すことになる。
  • 社会保障改革を進めていくに当たっては、選挙目当ての人気取りのための議論を排し、一定期間落ち着いた環境で議論をし、政治全体の責任として国民に負担増や給付削減をお願いしていくしかない。
  • スウェーデンにおいて、年金改革にあたり与野党各政党代表をメンバーとする「年金ワーキンググループ」を立ち上げ、2年以上かけて改革案のコンセンサスを形成した例がある。
  • こういった議論の場を設置することに「賛成か反対か」を民主党に突きつけることにより、民主党が社会保障改革について真に国民の立場に立って考えているのか、それとも選挙の道具として利用しているのかを問うことにもなる。
【具体的政策】
  • 法律により衆参国会議員、有識者、国民各層代表を構成員とする「社会保障制度改革国民会議(仮称)」を設置する。(設置にあたっては、既に平成17年に国会内に立ち上げられている「年金制度をはじめとする社会保障制度改革に関する両院合同会議」との連携も考慮する。)
    ●参考:
    「国土開発幹線自動車道建設法」に基づく「国土開発幹線自動車道建設会議」の構成員は衆議院議員6名、参議院議員4名、学識経験者10名以内と法定されている。
  • 会議では医療、介護、年金等社会保障制度改革の在り方について議論し、一定の期限を切って報告書をまとめる。
  • 政府に報告書の内容を忠実に実施することを義務づける。

平成20年10月6日
自由民主党 有志一同

衆議院 参議院
赤池 誠章
秋葉 賢也
あべ 俊子
飯島 夕雁
井澤 京子
石田 真敏
伊藤 忠彦
井上 信治
上野 賢一郎
浮島 敏男
江崎 洋一郎
江藤 拓
遠藤 宣彦
大前 繁雄
奥野 信亮
小野 次郎
小野寺 五典
鍵田 忠兵衛
梶山 弘志
片山 さつき
加藤 勝信
亀井 善太郎
亀岡 偉民
北川 知克
北村 誠吾
木原 誠二
木原 稔
木村 勉
倉田 雅年
後藤 茂之
木挽 司
坂井 学
桜井 郁三
佐藤 錬
篠田 陽介
柴山 昌彦
清水 清一朗
新藤 義孝
菅原 一秀
鈴木 淳司
平 将明
高鳥 修一
土屋 正忠
寺田 稔
戸井田 とおる
とかしき なおみ
中山 泰秀
並木 正芳
西銘 恒三郎
丹羽 秀樹
萩生田 光一
萩原 誠司
橋本 岳
馳 浩
葉梨 康弘
林 潤
原田 憲治
福岡 資磨
福田 峰之
藤井 勇治
藤田 幹雄
牧原 秀樹
増原 義剛
松浪 健四郎
松野 博一
松本 洋平
三ツ林 隆志
武藤 容治
盛山 正仁
安井 潤一郎
山内 康一
山際 大志郎
吉川 貴盛
吉田 六左門
愛知 治郎
秋元 司
浅野 勝人
石井 みどり
礒崎 陽輔
衛藤 晟一
岡田 直樹
神取 忍
岸 信夫
北川 イッセイ
佐藤 昭郎
佐藤 信秋
佐藤 正久
末松 信介
世耕 弘成
伊達 忠一
田村 耕太郎
塚田 一郎
鶴保 庸介
西島 英利
西田 昌司
長谷川 大紋
古川 俊治
森  まさこ
山田 俊男
山本 一太
山本 順三
義家 弘介
以上 102名